歯科予防メンテナンス

歯科医療の先進国であるスウェーデンは、歯科予防メンテナンスを90%もの割合で行っているのですが、日本はそれに比べて2%と低く虫歯になってから、歯医者に行くことが普通になってしまっているので歯科予防メンテナンスを行う人が低くなってしまっているのです。

予防メンテナンスを若いうちから受けることによって、28本の歯が80歳まで継続して80本維持することだって夢ではないのです。
若いうちから始めておけばよかった!と思ってしまう人も遅くはないのです。
たとえ、50歳から予防メンテナンスを受け始めても、80歳のときに18.3本も残すことができます。

ぜひ今からでも、予防メンテナンスを始めてみることをオススメします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る