初期虫歯の原因と対策とは?

いくら歯磨きなどで努力をしていても、誰でも初期虫歯という物は発生してしまいますので、初期虫歯のメカニズムを知って対策してみてはいかがでしょう。

初期虫歯とは、歯に穴が開く前の段階という事であり、飲食すると口内が酸性になりますので、歯のカルシウムが失われてしまい、初期虫歯になってしまうのだそうです。

カルシウムは唾液に含まれている物を歯に取り込むのですが、食後に酸性の口内を中性にする必要があり、カルシウムの喪失を防ぐ事が大切なのです。

歯のエナメル質が失われて脱灰すると、下の象牙質が薄く見えてしまい歯が黄色く見えるのだそうです。

年を取っても自分の歯で生活したいと考えているなら、初期虫歯の段階から虫歯を予防する事が大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る