歯科医師がすすめする歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は余程のこだわりやお気に入りがなければ、値段で決めているという方も多いと思います。
現代の30代以上の約80%は歯周病になっているとも言われていますので、軽く考えずにしっかりと歯の事を考えて選ぶことが大切です。

歯磨き粉と言えば磨いていて泡が立ちやすいものもありますが、できるだけ泡の立ちやすい歯磨き粉は使わない方がいいでしょう。
少し磨いただけでも泡が一杯になってしまうと、殆どの人がそれで磨いた気になってしまってしっかり磨ききれないということが起こります。
ですので、あまり泡の立たない低発泡の歯磨き粉であったり、ジェルタイプの歯磨き粉であったりを使うようにして、出来るだけ長時間磨ける歯磨き粉を使うのがおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る