むし歯ではないのにしみる理由とは?

ふとした時に歯がしみて、むし歯かな、と思った経験はある方とても多いですよね。
もしかしたら、むし歯ではなく、他の事が原因の可能性があったりするのです。

1番に考えられる原因が歯の根もと部分が何かが原因で削れてしまっていることで、この状態による症状であり、それは知覚過敏と言われています。歯の根元が削れてしまう原因としては、歯並びが悪かったり堅い歯ブラシを使って強く磨いてしまっていること等が挙げられ、歯の根元は神経に最も近い場所ですので、他の部分よりもしみやすく、冷たい水をちょっと飲んだりしただけでも過敏に反応してしまうというメカニズムなのです。

時間が経てばだんだんとしみなくなってきたりしますが、むし歯と勘違いして、今までよりも強い力で磨いてしまうと知覚過敏が悪化してしまうので注意してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る