歯が痛い時にしてはいけないこと

むし歯になっているときには自分の歯が見えないので、どのくらい歯が痛むのか気になって歯を触ったりして他のしたくなってしまう場合があったりしますよね。しかし、むし歯がある状態でむやみにしてはいけないことがあるといいます。

まずは、そのむし歯の歯を叩くということです。刺激をしてしまうことによってさらに傷みが発生してしまい悪化してしまいますので、治療を行うまで安静にしておくことが重要なのです。
また、炎症を起こしていたりする場合にはアルコールは控えたほうが良く、アルコールを飲むことによって血行がよくなって傷みが強くなってしまう可能性があるそうです。

また、痛い側の歯でできるだけ噛まないようにしましょう。歯が痛いと余計にストレスがかかり、歯軋りなどを行ってしまう可能性がありますので、痛くない歯で痛い歯を庇いましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る