矯正治療中の歯磨き方法

歯の矯正治療中、むし歯になったりして問題になることがありますよね。
むし歯は歯磨きが原因でなりますので、矯正している最中も歯ブラシには気をつける必要があるのです。

矯正治療中はいつもどおりに歯ブラシができませんので、今回は矯正治療中の歯ブラシ方法を紹介いたします。
装置には3ヶ所の溝があります。まず装置の上の溝の方に歯ブラシの先をいれて、細かく動かしながら歯を磨きます。その後は真ん中の溝、下の溝の順で全部の歯を歯ブラシで、歯を磨いていきます。
装置の周りを磨きましたら、歯と歯茎の間と歯の面、歯の裏を磨いていきます。
歯と歯の間も磨いていくのですが、その時は歯間ブラシを使い、ワイヤーの内側に入れ、ワイヤーの端から端まで細かく上下に動かしながら磨いていきます。見えにくい歯は頬を引っ張って見ながら磨きましょう。

歯を磨かないとむし歯のもとになってしまいますので、歯磨きも楽しみましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る