むし歯の段階と寿命

むし歯はよく聞く病気ですよね。そして、むし歯が自然と治癒しないことを知っている方も多いでしょう。痛みを感じないから大丈夫なんて言っていたら、進行しすぎて、痛くなってむし歯を抜かなくてはいけなくなることもあるのです。

むし歯にも段階があって、歯科検診等で聞くC0は、歯の表面が少し溶け白く濁るのですが、正しい歯磨きやフッ素塗布により健康になれるのです。
C1、C2、C3、C4と段階がありますが、C4が1番酷く、むし歯が歯根まで進行して神経が死んだ状態にまでなるのです。

歯の治療は、1度むし歯になった場合、何回も再発すると考えていいでしょう。
歯を削れば削るほど寿命が短くなってしまうそうなので、むし歯も早期発見が必要なのです。歯医者には定期的に通って治療等して把握する必要はあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る