むし歯の治療法

むし歯は削って詰めます。むし歯を適切な量、削るには、う蝕検知液を使って削ります。
う蝕検知液を使うことで健康な歯を削らないで、むし歯だけを削れるそうです。
う蝕検知液は、むし歯の部分だけを赤く染めるという液だそうです。

歯の仕組みは、歯の外側はエナメル質、その下は象牙質で虫歯の進行がし易い部分で、その内部には歯の神経があります。歯は、顎の骨の中に歯の根っこが刺さっています。
顎の骨の血管や神経は歯の根っこの先から歯の中へ流れているそうです。

浅いむし歯は削って詰めればいいのですが、むし歯が進行してしまい深くなると、歯の神経の中をばい菌が回ってしまうのです。歯の神経が腐ると、歯を抜く必要があります。そのため、むし歯は浅いうちに治療するのがいいそうですよ。
削っても痛くない歯医者でむし歯を治療してみてはどうですか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る