むし歯のメカニズム

むし歯とは、酸によって歯が溶かされる、歯の病気のことです。
むし歯の原因となる菌があり、ミュータンス菌という細菌があります。

ミュータンス菌という細菌は、お口の中に残った食べかすに含まれる糖質を好み、酸を作って歯を溶かしてしまうのです。まとめると、細菌+糖分=酸になってしまい、むし歯が出来てしまうのです。

また、唾液の量は重要で、唾液には、むし歯の発生を抑制する効果があります。
口内が飲食物等によって酸性になると、唾液によってすぐに中性に戻されるのです。
ですが、唾液の働きが鈍ってしまうと、むし歯の発生を抑制することが出来なくなってしまい、むし歯が出来やすくなってしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る