新しい予防歯科の形

予防歯科と聞くと、歯の健康を維持することが目的のように感じられますが、最近では歯だけではなく全身の病気予防も含めた考えになってきています。

口腔内の虫歯菌や歯周病菌は、ガンや心筋梗塞、関節リウマチなど様々な身体のへの悪影響を与えることが分かってきました。
そこで新しい予防歯科では口だけでなく体全体の健康、全身の血管を守る治療を歯科からすすめていく取組みとなっています。

新しい予防歯科として注目を浴びているのが3DS除菌外来と呼ばれる科目で、病気になる前に口腔内にある病原細胞を除菌して身体の病気を予防するということが行なわれています。

まだまだこのような新しい予防歯科の試みを行なっている歯科は少ないですが、気になる方は近くで同じような運動をしている医院がないか調べてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る